SMILE ELIFEー半笑いの日々ー

普通の暮らしをより良く楽しく

恐怖のパーマ

いっちゃんです。

 

学生の頃、パーマに憧れていました。

くりくりしてて。

可愛くて。

でも校則で禁止されていたので無理。

 

そして、初めてパーマをかけられる時が来て。

数日前からヘアカタログとか見て、ワクワクしながらどんな感じにするか悩んだり。

 

当日、意気揚々と美容院のドアを開ける私。

颯爽と椅子に座り、優雅にオーダーを済ませて雑誌を読みながらその時を待ちました。

「終わりました。いかがですか?」

の声に顔を上げると。

f:id:itchan123:20200924201549j:plain

あれ?私、葉加瀬太郎でお願いします!って言うたかな?

 

私は可愛くなろうと思って来てんで。

ファンキーにさせてどうするねん。

もう、生き方変えなあかんやん。

ファンキーに生きて行くしかないやん。

家にサイケデリックな服あったかな。

 

私が固まっていると、美容師さんが

「ちょっとパーマ強かったかな?」

と、信じられない発言。

え、これちょっとですか。

本気で言うてる?

あなたのちょっとの基準が分からん。

葉加瀬太郎はちょっとパーマ強い部門なん?

これはちょっとなんやな。

 

「ちょっと強いですね。。」

震えそうな声で私が言う。

すると、美容師さんはハードなムースとブラシでパーマを伸ばしにかかる。

そんなもんで葉加瀬太郎がいい感じのゆるふわパーマになるかボケ。

暴言吐きそうになるのを堪えて

「パーマ強すぎるので、ちょっと伸ばしてもらっていいですか」

お願いしました。

美容師さんは

「そうですか。わかりました」

とパーマ伸ばしてくれました。

 

葉加瀬太郎の美容院行く前ぐらいには伸びましたよ。

太郎のパーマ取れかかりぐらいです。

でも、太郎らしさは失われていません。

太郎らしさいらんねん。

もう失いたいよ。太郎らしさ。

f:id:itchan123:20200924201636j:plain

しばらく太郎っぽさをなるべく消して生きていました。

とにかく広がる髪を纏めてくくり、パーマ強めな人ぐらいにはなっていたんじゃないでしょうか。

 

 

あれからパーマはかけていません。

ゆるふわしたかったら、熱い熱い棒で巻けばいいんですよ。

葉加瀬太郎さんは素晴らしい方です。

でも私には太郎らしさ要らないので。

 

 

いつも応援してくれてありがとうございます
ハイタッチしてくれるとうれしいです😆

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村