SMILE ELIFEー半笑いの日々ー

普通の暮らしをより良く楽しく

冬の夜道の恐怖

いっちゃんです。

 

だんだん寒くなってきましたよね。

私は寒いのが苦手。

元々朝が弱いのに、より起きられなくなるのです。

 

今は娘も小学生になり学校の送迎が無くなりましたが、幼稚園の時はもちろん送迎していました。

ヒートテックを着込み。

暖かいセーターを着て。

防寒のアウターを羽織り。

しっかり前のファスナーを閉め。

マフラーで鼻まで覆い。

手袋をして自転車に乗ります。

完璧。

カイロを背中に貼り付ければもっと完璧。

自転車漕ぎ漕ぎしていると。

寒い。

ちょこっと出ている顔が寒い。

f:id:itchan123:20201020173536j:plain

でも、ここを覆うともう目の前真っ暗です。

どうしたら。。

そんな時、昔を思い出します。

 

私がまだ独身で働いていた時。

帰宅時間が夜9時前ぐらいだったのです。

自転車で通える距離だったので、毎日同じルートで帰っていました。

とある寒い日。

 

私は凍えながら身を固くして自転車を漕いでいました。

f:id:itchan123:20201020173614j:plain

一通の細い道に入りました。

両側は小さい会社や古いアパート、一戸建てが立ち並んでいます。

9時前とはいえ人通りはほとんどなく、暗い。

僅かにある街頭が静かに道路を照らしていました。

 

まだ9時前という時間。

幼い頃から通い慣れた道。

すぐそこには大きな道路があって繁華街が近いこと。

そんな要素で恐怖心も感じることはなかったです。

 

その道路の向こう側。

こちらに向かってくる人に違和感を感じました。

 

その人はバイクを押して歩いていたのですが、白い目出し帽をかぶっていたのです。

f:id:itchan123:20201020173652j:plain

その姿を確認した途端、恐怖でいっぱいになります。

え、コンビニ強盗?

ドラマで見た目出し帽の強盗を思い出します。

Uターンする?

いや、逆上して追いかけてこられたら?

f:id:itchan123:20201020173752j:plain

どう反応すべきか迷っている間にどんどん距離が縮んでいきます。

「やばい!もうすれ違う!」

と思った瞬間その人は止まり、近くの古いアパートにバイクを停めたのでした。

 

「ここに。。住んでるのか。。」

その人を追い越してしばらくすると落ち着いてきました。

バイク乗る人の防寒具で目出し帽ってポピュラーなん?

もう!驚かすなやー。

 

それから冬の間、その人と何度もすれ違いました。

もう、目出し帽の人と認識しているので怖くありません。

 

そして、思いつくのです。

続く。

 

 いつも応援してくれてありがとうございます
ハイタッチしてくれるとうれしいです😆

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

SMILE ELIFEー半笑いの日々ー - にほんブログ村