SMILE ELIFEー半笑いの日々ー

普通の暮らしをより良く楽しく

この一年。難病告知とコロナと命。

お題「#この1年の変化

 

いっちゃんです。

 

初めての人はこちらからどうぞ。 自己紹介です。 smile-elife.com

 

 

昨年の1月。

私は旦那とあと何年一緒にいられるかを考えていました。

旦那が動けるうちに子供との思い出をいっぱい作らなければ。

 

20201月。

旦那は難病の診断を受けました。

インターネットで病名を検索すると「余命」「5年生存率」怖い文言が並ぶ。

インターネットでもっと調べると、今は生存率も上がっているみたい。

希望を持ちたい。

でも、その希望に縋るのは危険だと心が言っている。

まず5年。そして10年。

目標を近いところに置いて、少しずつ伸ばしていけばいい。

 

f:id:itchan123:20210215170208j:plain

鋼のメンタル。

 

旦那は仕事をしばらく休み、治療をしながら少しずつ仕事復帰していく予定。

そんな中のコロナ。

 

とにかく感染しないように頑張りました。

旦那が感染したら命が助かるか分からない。

若い人は重症化しにくい。

そんな事は旦那には関係ありません。

 

1回目の緊急事態宣言中は本当に気をつけていた。

買い物するのは私だけ。

帰ってきたら着替えて、買ったものはアルコールで全て拭きあげた。

 

ひーちゃんも手洗い、うがいを頑張ってくれた。

休校中。外で子供が遊ぶ声がしても、ひーちゃんは家で過ごしてくれた。

ひーちゃんと私は2人でお散歩して、辛うじて太陽に当たっていました。

ポケモンgo 大活躍!

子供も楽しくお散歩してくれる。

 

ひーちゃんは神社でお参りする時。

何かお願い事をする時。

「家族みんなが元気でいられるように」

とお願いするようになった。

旦那の病気。

その2ヶ月前は私が癌の疑いで手術していた。

親の死と言うものを身近に感じたからなのかもしれません。

 

ひーちゃんの学校が始まると、家で仕事する旦那と毎日昼ごはんを2人で食べる。

録画した朝ドラを見ながら。

老夫婦のような私達。

出会ってから今までで1番一緒にいる。

 

 

そして今。

旦那の難病の告知から1年経ちました。

 

告知された時、主治医が言っていた言葉。

「たまに劇的に良くなる人がいます。でもそれは奇跡に近い確率なので期待しないでください」

 

これは奇跡か?

だいぶ治ってるんだって。

病気はあるけど、難病じゃなかった可能性。

難病だったらあり得ないほどの回復。

2つの病院で難病だと言われたんだけどね。

 

難病じゃなくても症状はあったりするので安心は出来ない。

まだまだ気をつけていかなければ。

でも目標が5年生きるじゃなく、ひーちゃんを社会に出して、出来たら結婚出産見届けて、なんなら子育て手伝ってあげたいねー。

など、普通の夫婦の目標になった。

 

子供が大人になった時の話を出来る幸せ。

家族仲良く生きていく、と言う事を改めて大事に思えた1年だった。

 

 

いつも応援してくれてありがとうございます
ハイタッチしてくれるとうれしいです😆

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

 

いつもブックマークありがとうございます😊
ブログのコメント欄でお返事していますのでよろしくお願いします。

 

楽天ROOM作りました!
私が買ったものを載せています。
良かったら見てね。

 

SMILE ELIFEー半笑いの日々ー - にほんブログ村

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村