SMILE ELIFEー半笑いの日々ー

普通の暮らしをより良く楽しく

痛いの痛いの飛んでけで娘の成長を感じた瞬間

いっちゃんです。

 

初めての人はこちらからどうぞ。 自己紹介です。 smile-elife.com

 

 

子供の頃、「痛いの痛いの飛んでけ」してもらった記憶あります?

私、母にしてもらったという記憶がなかったのです。

 

でも娘に初めて「痛いの痛いの飛んでけ」をした時に、

「そう言えば私もやってもらってたな」

と思い出しました。

 

こんな経験はよくあり、子育てしながら自分の幼少期の記憶を呼び起こしているのです。

 

なんの根拠もない、どこに飛ばすのかも分からない。

やっているこっちも飛ばす能力無いと分かっている。

そんな「痛いの痛いの飛んでけ」ですが。

 

これ、幼い頃は効き目すごくて。

軽い擦り傷は

「ママ、飛んでいった!すごいね!」

と目をキラキラさせて感動していました。

 

f:id:itchan123:20210524153704j:plain

なんて純粋で可愛いんでしょう。

 

ある時、ひーちゃんが転んで

「痛いの痛いの飛んでけ」

と言うと、泣きながら

「まだ痛い」

と言うではありませんか!

 

さあ、どうする⁈

慌てた私は咄嗟に

「マママに飛んでいけー!ぐぐ痛い!でも大人だからママは我慢できる!ひーちゃんの痛いのはママに飛んできたよ」

と言う。

 

f:id:itchan123:20210524153744j:plain

行き過ぎた演技力。怖いわ。

 

 

するとひーちゃんは

「ほんとだ!もう痛くない!」

と言ってくれた。

良かった。

 

しばらく

「痛いの痛いのママに飛んで行けー」

と言っていたのですが。

ある時

「ママに飛んで行ったらママがかわいそう」

と心配してくれます。

これも成長だね。

優しい。

 

「ママは、ひーちゃんの痛いの全部貰ってあげたいの。それに、ママは強いから大丈夫!」

そう言う私。

 

f:id:itchan123:20210524153830j:plain

ひーちゃんを安心させようと思い過ぎて変態度が増している。

 

 

ひーちゃんは結局納得しなかったので、痛いのは「遠くのお山」に飛んで行ってもらうことになりました。

 

 

そして、「痛いの痛いの飛んでけ」はある日急に終わりをむかえます。

幼稚園の年長さんの時。

公園で転んだひーちゃんに

「痛いの痛いの飛んでけ」

をやると

「ママ、痛いの飛んで行かないよ!」

と言われました。

 

ついに来たか。

そうですか。気付きましたか。

「そうか。飛んで行かないか。それはひーちゃんが大きくなったからやわ」

擦りむいた膝を見ると、少しのかすり傷。

傷口を洗って

「血出てないからこのまま遊ぶ?お家帰る?」

と聞くと、ひーちゃんは

「遊んでくる」

お友達と走って行きました。

 

痛みを言葉だけで無くしてしまう、なんてこと人には出来ないけれど。

一時期だけ母親は子どもが小さい時限定で能力発揮できるのかも。

子どもにとって母親は、小さな痛みなら飛ばしてしまうほどの信頼感があるんでしょうね。

 

今、私の信頼感はどうなっているのでしょうか。

怖くて聞くことができません🤣

 

 

ミートピアで推しに囲まれています🥰気持ち悪いですか?

 

 

いつも応援してくれてありがとうございます
ハイタッチしてくれるとうれしいです😆

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村いつもブックマークありがとうございます😊
なかなかお返事できませんが必ず読んでいます✨

 

 

楽天ROOM作りました!
私が買ったものを載せています。
良かったら見てね。

 

 

SMILE ELIFEー半笑いの日々ー - にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村